FC2ブログ

Entries

2013クラフト学園 夏期講習会 メガネ・ペンケース「ホットドッグ」

ペンケースホットドッグ  
  size 3.5×21×9cm

木型を使った革の絞り出し。ホットドッグのコッペパンを意識した形です。
金具は不使用なので、ツマミを軽く手前に引いてフタを開けます。




ペンケースホットドッグの中身

開けると犬型レザートレイが収まっています。ちょっとしたびっくり箱です。
クラフト学園でもフタを開けるまでは「今年は地味?」という反応だったよう
です。その後の反応は予想通りで、一応もくろみは成功のようです。



ホットドッグ木型            ホットドッグ教材配布の型

左がケースの木型と犬の粘土型。シリコンで型を取るため、ケース型は木
を接着して上げ底になっています。
右は教材として配布する、木型と粘土型を複製した樹脂型と木枠型。
画像にはありませんが、革を挟むためのベース板がここに1枚付属します。   



ホットドッグタロ顔

犬の頭部は舌以外は1枚革で、目はアクリル絵具でペイントです。
犬の頭は上下し、メガネの端を押さえる役目もしてくれます。
樹脂型で造形しますが、最後に型を抜くため、犬の頭部は空洞です。
つまり、造形型として何度でも使えます。



ホットドッグ後頭部

犬の後頭部から。



教材のドッグ樹脂型の持ち方   

シリコン型から樹脂型を引き抜くために、樹脂を型に流した直後、真鍮製
の洋灯吊り金具をさした紙で樹脂の液面にふたをし、金具のネジ部を樹
脂に取り込みます。
この洋灯吊りは革の造形時に指輪のようにはめ、作業を容易にします。



教材のドッグ樹脂型

受講のお申し込みごとに樹脂の犬頭が増殖して行きます。
皆様の受講をお待ちいたします。

  ※ 6/26金曜日現在、余席4名ということでした。
   それ以降はキャンセル待ちになります。
   お申し込みいただきましてありがとうございます。
  
     ― PART2へ ―


スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

クラム 藤田

Author:クラム 藤田
ホーム

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード