FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エル春季講習会2014「馬と蓮のフラワーデザイン」

馬と蓮のフラワーデザイン

額物に直線的なボーダーラインは、額のボーダーとのずれが出やすいので、
ボーダーなしでデザインしました。

曲線的なボーダーならその心配はなく、デザインもやや楽ですが、ベベラを
その分打たなければいけないし、あえて制約を課したデザインで自身の表現
パターンを広げたい意識もあります。

注意するのは、内外のボーダーとなる輪郭を海岸線に例えると、大きな入り
江と岬を極力設けないという事です。



馬と蓮のフラワーデザイン上部

馬は今回、打刻をそのままに生かす染料染めだけで仕上げました。
粗さも残りますが、繊細なシェリダンスタイルのフラワーデザインに対して、
力強い打刻の対比となります。
目もハイライトを染めずに残した染色です。



馬脚と蓮

脚部を見ると、アンティークが入ってフラワーデザインとの打刻の違いが良く
分かります。

お申し込みはクラムHPインフォメーション講習案内ページから。
皆様の受講をお待ち申し上げます。




スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

クラム 藤田

Author:クラム 藤田
ホーム

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。