Entries

クラフト学園 夏期講習会2015 ペンケース「Fake Croco」part2

講習会は6月30に、受講者12名の連絡がありました。
1名外国から日本語NGで申し込まれるそうです。
過去も数名が来日されましたが、うらやましい行動力と度胸です。
どちらかというと引っ込み思案の自分には、到底真似できません。

そこで受講者に配布の樹脂版準備ですが、水分を嫌う無発泡ウレ
タン樹脂のため、このところの雨続きで作業は中断です。
湿度が高いと、発泡して硬化し、気泡が型を台無しにするからです。

また、この作業は防毒マスクをして、有機溶剤から身を守らなくては
いけません。
ある日、防毒マスクのまま樹脂部屋から出ると、廊下で待っていた
ラブラドールのタロウが、こちらを見るなりギョッとして、威嚇吠えし
ながら後ずさりして階下に逃げていきました。
ハエ人間にでも見えたのでしょうか?


クロコ型押しベルト

さて、この樹脂型版を使って、4.2mm厚のスカルティングに型出しし
てみます。
講習会作品は1.4mm厚ですが、5mm以上でも何でも厚さは関係あ
りません。

この画像は湿らせたスカルティングベルトを型版の上に伏せています
が、ローラーで転がしても筋は付くものの、深い型押しは無理です。
講習会では実演しますが、良く知られた2つの物を使います。



クロコ型押しベルト2

ご覧の通り、深い立体的な型押しが出来ます。



クロコ型押しベルト3

ウロコの筋を重ねると繋ぎもそれほど違和感ありません。
ベルト中ほどが型の継ぎ目です。

クラフト学園のパンフはミスプリントで、型押しを施した革を使用とありま
したが、実際はこの通り、皆さんご自身で簡単に型押しをして頂きます。
まだ余席がございますので、皆様の受講をお待ち申し上げます。

       - 記事PART1へ -




スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

クラム 藤田

Author:クラム 藤田
ホーム

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード