Entries

クラフト学園 夏期講習会2016 ペン・メガネスタンド「猫の手を借るワークブーツ」

猫の手を借るワークブーツ2 猫の手を借るワークブーツ1

猫の手とワークをひっかけた題名で、またおやじギャグかとお思いでしょうが、実は猫ブームに乗じて猫の威を借りたり、時間が足りなくて猫の手を借りたい自分を、ワークブーツに見立てております。

ゴート(山羊革)を製靴のつり込み技法で成型し、ワークブーツと猫の頭部と背部を作ります。
ワークブーツのアッパーはシンプルに甲とかかと革の2枚で構成されます。
猫の頭部とボディはつり込みで成型したら、ティッシュペーパーを詰め込んでぬいぐるみ状態で、前脚とともに靴ひもでワークブーツ内部にくくられます。
ゴートの特徴的なシボが、猫とワークブーツの一見異質同士を一体感を持って見せてくれます。
ブリキのおもちゃ感覚にも似て、革製の味が生かしやすい素材です。


猫の手を借るワークブーツ3

猫がゴート1mm厚で中がティッシュのぬいぐるみのため、メガネも優しく受け入れてくれます。


猫の手を借るワークブーツ4

ご覧の通り、スタンドとしてのスペースを確保しております。
インナーソールの絵は、毎年発売しているクラムのレザーカレンダーのネイティブシンボルです。
牛床に印刷ですが、実際に配布するのは無地の牛床のため、お好みスタンプを押してもよいですね。


猫の型と靴型

これらが原型です。
靴型は木を購入の時間がなかったため、牛床革の積み革です。
猫頭部は細かい造形に適し乾くと硬化する石粉粘土で、背部は木製で手ごろな厚さの板の買い置きがありました。
これらをシリコンで型取りして、樹脂型として複製したものを当日皆様に配布いたします。
つり込み技法ですから何度でも使用可能な型となります。

お申し込みの詳細はクラムHP「講習案内ページ」からクラフト学園へクリックして下さい。
皆様の受講をお待ち申し上げます。


 ※ 7/7 満席となりました。 ありがとうございます。

     - part2記事へ - - part3へ -



スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

クラム 藤田

Author:クラム 藤田
ホーム

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード