FC2ブログ

Entries

エル春期講習会2018「猫のスマホスタンド」

猫のスマホスタンド1

作品が出来る前は「猫が下敷き?」という声もありましたが、しっかり前脚と突っ張った後ろ脚でスマホを支えてくれます。
また、猫も犬も仰向けにすると緊張して目を見開いたなんとも可愛らしい表情をしますが、それを表現しました。


振子猫3Dモデリング前 振子猫3Dモデリング

1999年の講習会作品「振子猫時計」で行った立体モデリングの記事(2009年5月29日)。

振子の重さ制限のため、レザーパウダー粘土を詰められず、指の腹を裏当てしてモデリングしました。
型出ししたベースに、猫の顔を立体モデリングするというのはかなり難易度が高くて、皆さんの作品の修正も困難でした。
そのため封印してきた技法でしたが、凹型でディテールを転写すると現実的になるのではと、用意しました。



スマホスタンド猫の樹脂型 スマホスタンド猫の型出し

このままでもそれなりのレリーフ作品にはなりますが、彩色しないと型押し感は否めません。



猫のスマホスタンド3Dモデリング&カービング

型押しをトレスガイドとしてモデリングし、その周りにカービング。



猫のスマホスタンド

アクリル絵の具で彩色。
いつものように眼の描き方をパターン化したものを中心に制作過程の資料を用意します。
皆様の受講をお待ちいたします。








スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

クラム 藤田

Author:クラム 藤田
ホーム

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード