FC2ブログ

Entries

北京講習会「龍と宝玉の時計」ニイハオ

shopstreet.jpg
’08 11/7 
現地時間14時に北京空港に降り立ち、タクシーで高速を飛ばし30分。
北京の中心部、故宮(紫禁城)の近くのホテルに着き、荷物を置いてすぐさま主催者
の店へ向かったのは16時を回った頃。道路はトロリーバスや車が行き交い、合間を
縫って自転車と人が気ぜわしく往来する。
先に見える自動車修理屋では車を歩道に止め、通行人にお構いなしに作業の仲間
同士の会話。
物語的に目に飛び込んでくる街の風景に映画「ALWAYS.3丁目の夕日」の世界に紛
れ込んだかのような軽いカルチャーショックを覚える。
街路樹と中華のエキゾチックな古い平屋が商店として並ぶ中に、中国唯一のレザー
クラフトショップはありました。



hyouinsholeathershop.jpg
ベルト作品集「ラッキー8」の下に私の講習案内が貼ってあります。

「はじめまして」「ニーハオ」店内でオーナーと受講の方に握手で迎えられました。
持参した「龍のウォレット」などに早速技術的な質問攻め。とりわけコバ処理など
基本的な事に強い関心があるようです。
長旅でお疲れだからとオーナーが切り上げてくれました。その言葉で今朝6時に
沼津を発った事や失われた1時間(時差)を思い起こし、長い1日に逆に充実感を
覚えるほど、この場になじんでいる自分に気づきました。
明日からの3日講習の打ち合わせの後、食事の招待です。さすが北京ダックは
絶品でした。
この辺で「中国語話すの?」の疑問を解いていただきます。実はオーナーと通訳
のMさんが北京空港にお出迎えから一緒です。
(オーナーは複数です。Mさんは日本文化専攻の修士、24歳女性です。)

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

クラム 藤田

Author:クラム 藤田
ホーム

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード