FC2ブログ

Entries

岡田 明子 -革- Cowboy の世界

 1994年 テキサスでビル・ゴマーWorkshop受講をご一緒してからのお知り合いの
 岡田さんから、個展の案内状をいただいたので、本日水曜、クラムの定休日を利用
 して高円寺へ行ってきました。



 ギャラリーR看板            岡田さん
  ギャラリーR看板        ギャラリー内(自作のサドルの前での岡田さんスマイル)




 岡田さんはアメリカのサドル職人など、レザーアーティストとの交友関係が広く、
ドン・キング(故人)、ジム・ジャクソン、クリントフェイなど日本のカーバーにとっても
有名なビッグネーム達ともお付き合いがあります。
彼女の自慢はあの近代レザークラフトの父といわれるスツールマンの奥さん、アン・
スツールマン(故人)との旅行などの想い出や、ツーショットのスナップ写真。


ハーフサドル   ハットバッグ   内枠ボストン

招待状やギャラリー看板に          国内外で受賞したハットバッグなど
使われた1/2サドル      



    レザーアーティストとのスナップ集                   レザーアーティストの寄せ書き
 アン・スツールマン、ドン・キングや              今回の個展のための友人たちの寄せ書き
 ジム・ジャクソンたちとのスナップ                著名なレザーアーティスト達です。



 今回の個展のサブタイトル「Leather A Universal Language」 はまさにクラフト学園で得た
 革の知識と技術で、本場のレザークラフトの世界に飛び込み、彼らの技術と文化を学び、
 その熱心さに彼らから愛され、交友関係を築き上げた実感なのだと思います。
 アメリカのコンテストでの何度かの1位受賞やアメリカだけでなく、やはり友人のピーター・
 メインの出身国オーストラリアでもレザーの講師を務めるなど、彼女の革への情熱は現地
 での評価も高いと感じます。
  
 彼女の制作活動や今回の個展はご家族の支えやご理解もあり、家庭人としてのバランス
 も保つやりくりが、良い制作活動に繋がっているのでしょう。

 カービングに興味のある方はぜひ行かれたらと思います。
 いろいろお話も伺え、勉強になるはずです。



         岡田 明子 -革- Cowboyの世界
      「Leather A Universal Language」


           2011年 6/14(火)~6/20「月)
           11:00~19:00  最終日11:00~16:00

          ギャラリーR地図
             JR 中央線高円寺駅南口 徒歩5分

  ちなみにギャラリーRのオーナーも私のよく知る人で、とても良い人です。
  ここの経営はほとんど趣味。それくらい場所に対しての会場費(1週間単位)が安く、
  展示会会場をお探しの方には絶対おすすめです。




スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

クラム 藤田

Author:クラム 藤田
ホーム

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード