Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュアカービング「オバマ大統領」

 < クラムレザークラフト・レザーカービング > 

 クラムHPギャラリーにUPしました「オバマ大統領」の制作過程を、大きな流れでご紹介いたします。
ブログ講習会ということではありません。基本の積み重ねで作品が出来上がっている様子を確認していただき、ご自身の制作の参考にしていただければと思います。同時にシェリダンスタイルカービングの制作の流れも確認いただけます。

カッティング
トリミング画像は実寸18×26cm位。革厚2.5mm。

 伸び止め裏貼りし、革を保湿してトレスをカットします。カットは強いと思われる線のみを抽出します。
実際はもっと多くのデータがトレスされているのですが、ご覧のようにカットはこれだけで、後は刻印に託します。
 シェリダンスタイルコーナーデザインも専用薄刃でカット。センターフラワーは先に打っておき、花びらカットの求心の目安にします。




制作2

 顔の中のカットベベラや筋肉などの表現をベベラ等で打っていきます。
 
 コーナーデザインはアンダーショットベベラです。



制作3

 カールした髪は今回の制作で一番悩んだ部分です。2種の刻印とモデラで何とか切り抜け、満足いく表現になったと思います。服も表情つけてアウトラインのベベラです。
 
 コーナーデザインはシェリダン専用ベベラで打ち、その後センターフラワーの周囲とC刻印の放射打ち。



制作4

 F刻印で背景を打ち、放射状にぼかしていきます。

 コーナーデザインもバーグラウダーでバックグラウンド処理です。



obama5.jpg    

 人物のみを湿らせ、裏から押し上げて、鼻、眼窩の上(眉の辺り)、顎を中心に膨らませます。
慣れていない方は控えめに。技法にとらわれてあちこち膨らませて、収集つかなくなる傾向にあります。実際これも目立って膨らんではいません。

 コーナーデザインは残りの刻印を打った後、フィニッシュカットです。



制作6

 ニーツフットオイルを塗り、数時間~半日後、ラッカーを塗布してまた半日待ち、アンティーク仕上げで完成です。コーナーデザインも含め、使用は単一色ですが、オバマ氏のトレードマークの黒く太めの眉と髪を表現するため、その部分のみアンティーク剤のふき取りを控えています。
 HPの前大統領の作品は今回と同じ革を使用していますが、写真撮りが制作直後でないため焼けた状態です。  






スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

クラム 藤田

Author:クラム 藤田
ホーム

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。